2006年8月24日 (木)

自作ルアーの過程

Rimg0025_1 なぜか会社の引き出しに作りかけの同じタイプが数行程分ありました。(^^;

一番上が型紙です。バルサ板買ったときの中敷。これに形状を描いて切り抜いたもの。それにアイの位置とか重りの位置とサイズを書き込んであります。この型を作るときが一番楽しいかも。どんな動きになるかな?とか想像してて。

次がアルミ張る直前のもの。ここまでが大変なのですが・・・。

3つ目はアルミテープを張ったものです。アルミテープは柔らかいタイプで可能な限り薄いものがいいです。うろこ模様はポンチの握り部分のギザギザを転がして転写してあります。あとは鉄筆でカリカリと。エラのところは赤ボールペンが結構使えます。

最後は塗装して完成したもの。塗装はプラモデル用の缶スプレーを使用しています。この塗装だと、シルバー、カッパー(銅)、黒、蛍光オレンジの4色かな?。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

自作ルアー

Rimg0059 わりと初期の小型薄っぺらタイプです。見た目を綺麗にするのと、小型化に燃えていた?時期の作品。結果としては、見た目はともかく、リップ大きすぎて動きが大きすぎたし、軽すぎて飛ばないし、で使えなかったです。ほとんどはキーホルダーになってもらわれて行きました。(^^;今なら、重くしてかつ動きを押さえる方向で作るかな。最初の頃は動きは大きければ大きいほど良い、と思っていましたが、いろいろなタイプで実釣を重ねていくうちに、魚によっては重くて動かないタイプで十分釣れる、と思うようになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

これでもルアー

こんなのでも立派にセイゴが釣れました。(^^;

Rimg0069 瞬間接着材のキャップにステンワイヤーでフレーム作り、荷造り紐のスカート。ワイヤーにガン玉かませ、いや、キャップの中にナットを入れたっけ。でもって白いビニールテープで胴体を作ったものです。これでも30cmくらいだったか、セイゴを釣上げた実績がありまする。まぁ食い気があれば動いてさえいればなんでも食う、ってことだと思いますが、苦労して作ったルアーっていったい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

自作ルアー

久々にルアーBOXの中を覗いてみました。

Rimg0165_1 初期型です。

このタイプは結構使えました。

Rimg0166上のタイプは軽いしリップも大きく飛ばないので少し重く太くしたものです。使いすぎて物に当てたり歯型でボロボロになり、現在は引退し、サンプルとして余生を送っています。(^^;

ブログでは画像が使えるので、自作ルアーの製作手順を記録として残しておいてもいいかなぁ。今のところ材料がそろっていないので、そろったら製作過程を公開するかもです。それまでは時々自作ルアーでも紹介してゆきますわん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)